日焼け止めを塗り忘れてしまう代表的なパーツ

首からアゴのラインに日焼け止めをつける時

首からアゴのラインに日焼け止めを塗る時には、手のひらに日焼け止めをおいて、広げながらなじませていきます。そして仕上げとしては下から上に向かってなじませることが大切です。

首に日焼け止めを塗ることを忘れる人は結構多いですが、首は日焼けをすることにより、乾燥をしてシワが出来やすいので、皮膚を伸ばしながら入念に塗ることが必要です。忘れずにケアしておきましょう。

 

日焼け止めを塗り忘れやすい場所について

日焼け止めを塗る時に、おでこなどの髪の生え際について、塗り忘れをする人が多いです。でもこの部分は、かなりの量の日差しを浴びる部分ですから、日焼け止めを塗り忘れないように、丁寧に塗ることを心がけてください。

他にも耳の周辺、まぶたの上下、目尻、小鼻のわき、口元など、つい塗り忘れてしまうパーツは結構多いのです。

 

塗り忘れをしないために

鏡を見る女性

しっかりと全体を鏡で映し、顔がよく映る鏡でチェックをするようにしましょう。顔全体をチェックしながら、塗り忘れがないかどうかを見ながら塗ることが必要です。

よく自分でも塗り忘れるというようなパーツが人によってあると思いますので、そういうパーツについては、早い段階で先に塗っておくと、忘れる可能性が低くなります。

毎日のケアを怠らずに日焼け止めを塗りましょう!

タイトルとURLをコピーしました